抗炎症

RBS米ぬか多糖体を摂取することで、抗炎症作用を向上することができると言われていますが、このページでは、どのような実験を元に結果が得られたのか、抗炎症作用がどのような効果をもたらすのか説明しています。

RBS米ぬか多糖体の抗炎症効果

抗炎症作用の実験
引用元:米ぬか多糖体免疫研究会HP(http://rbsnuka.com/ef02.html)

過敏性腸症候群の患者にRBS米ぬか多糖体を摂取後の消化器官や、炎症関連計測に関する数値(CRP値)を測定したところ、症状の改善と炎症数値の減少が見られました。過敏性腸症候群は自律神経系の乱れが原因の1つとなりうるため、RBS米ぬか多糖体で腸内環境を改善したことで神経系のバランスを整え、炎症作用を抑制したとも考えられているのです。現在も炎症作用がどのように働くのか研究がすすめられています。

抗炎症がもたらす、体にうれしい作用とは

RBS米ぬか多糖体を摂取することで効果が期待できる抗炎症作用。炎症を鎮める作用はどのような症状に効果があるのでしょうか。続いて抗炎症作用によって改善されると考えられている症状についてご紹介します。

風邪による炎症を抑制

風邪をひくと喉の痛みや鼻づまりが起こりますが、体内の化学物質が免疫細胞に危険を知らせるため働きかけます。この時危険信号によって発せられたシグナルが、痛みを伴って炎症として現れるのです。RBS米ぬか多糖体はその炎症を抑制することで、風邪の症状を軽減させられると考えられています。そのほかにも席や倦怠感・体温の上昇においても、症状の軽減がみられました。

花粉症の重症化を予防

花粉症は花粉が目や鼻の粘膜に接触することで引き起こされるアレルギー型の疾患ですが、症状が重症化すると鼻や目などの各所に炎症を引き起こしてしまいます。炎症を抑えるためにステロイド薬が用いられることがありますが、免疫力自体を低下させたりホルモンバランスが崩れてしまうことが懸念されているのです。抗炎症作用を保つことで花粉症の重症化も防ぎ、投薬による治療も軽減できると期待されています。